2018年 春の無料体験セミナー

働き方改革に乗り出す前に、
“職場風土の改革“という根本的問題を解決していますか?

すべての企業にとって、優秀な人材を採用し、末永く活き活きと活躍してもらうことは最重要課題の一つです。しかし、多くの管理職が抱える悩みは、

「残業を減らすだけで、部下の不満が解消するかどうか疑問だ」
「イマドキの若手社員の反応が読めず、逆をいってしまう」
「部下一人ひとりにどう合わせて指導すればいいのかわからない」

こうした例のように、問題の根が深く、小手先の対策では対処できないことが少なくありません。テレワークやアウトソーシングなどによる“形の上での働き方改革”も大切ですが、まずはそれ以前の問題として、“職場風土の地ならし”を進めることが急務です。

こうした時代背景を踏まえて、J-Laboでは「働き方改革に効く!」と銘打ち、春の無料体験セミナーを開催致します。セミナーは、ITを駆使した働き方ばかりでなく、むしろ働く上で障害となりやすい根っこの部分に焦点を当てて実施。イマドキの若手社員がモチベーションを維持してここで働こうと思えるような指導の仕方、部下のタイプに合わせた関わり方、組織というチームの動かし方など、人的なコミュニケーションを変革するためのヒントを得られる内容を予定しております。

ぜひお誘い合わせの上、ご参加くだされば幸いに存じます。皆様のお申込みを心よりお待ちしております。

プログラム

イマドキの部下の行動特性を踏まえた『部下育成戦略セミナー』

イマドキの部下の行動特性を踏まえた部下育成戦略セミナー

多くの管理職は「若手社員が定着しない」「指導しても効果が続かない」と感じつつ、「厳しく指導をすると辞めてしまう」「パワハラと言われるのが怖い」というジレンマを抱えています。今回は、旧来の指導方法から脱却するために、イマドキの若手社員の行動特性を知り、効果的に関わるための手法の一部をお伝えします。

  • 一人ひとり傾向が異なる動機づけや行動特性のパターンを知る
      例)ゴールが明確だと頑張れるタイプなのか、手順が明確だと頑張れるタイプなのか
    リスクテイクが得意なのか、リスクヘッジが得意なのか…etc.
  • 部下の行動特性から、一人ひとりにどのように関わるか

タイミングを逃さずやる気スイッチを入れる『モチベーション・マネジメント』

タイミングを逃さずやる気スイッチを入れるモチベーション・マネジメント

ITを駆使して働き方を改革したところで、要となる人材にやる気がなければ仕事の生産性は高まりません。まずは、やる気を上げるための理論を理解。その上で、タイプ別症状に応じた対応法を考えていきます。

  • ご褒美(報酬)は有効か? 逆効果になるのはどんな時?
  • 目標が困難かつ明確であるほど、やる気は高くなる
  • 部下に有能感を持たせる面談のポイント

『カタカナ接客英語』で和ごころを語る

『カタカナ接客英語』で和ごころを語る

オリンピックは日本人がグローバルになれるチャンス。一期一会を重んじる日本人の「和の心」を文化の違う人々に伝える「和ごころ英語」は、カタカナ英語でも通じます。「英語のリズムを覚える」「コミュニケーション力をつける」「和ごころを伝える」3つのキーポイントを軸に、J-Laboのカタカナ接客英語は多くの外国人と接するチャンスを増やすお手伝いを致します。

開催概要

開催日 2018年2月14日(水)13:00~16:15(開場12:45)
参加費無料
会場株式会社J-Labo セミナールーム

東京都港区六本木4-8-5 和幸ビル3階
地下鉄 大江戸線・日比谷線 六本木駅 6番出口徒歩3分
※地図はこちらをご参照ください

お申し込み・お問い合わせ

法人名 (必須)
ご参加者名(必須) 氏名 ご所属・肩書
電話番号(必須)
メールアドレス (必須)
ご要望・お問い合わせなど