英語が苦手な人のための和ごころ英語®

逃げ腰だった自分が自信を持てるようになりました

ホテル勤務Tさん(男性)

英語は本当に苦手で、外国人のお客さまがいらっしゃると、留学経験のある社員に頼むなどして逃げてきました。英語研修もドキドキしながらの参加でしたが、「難しい文法は必要ない。最低限のフレーズを覚えれば、まずは勇気をもって話しかけてください」とハードルの低い目標から入ることができたので、逃げ腰にならず取り組むことができました。

片言の英語でも頑張って話しかけるとお客さまが笑顔になってくださる、この事実を体感してからは自信を持って仕事に臨めるようになりました。日本人のお客さまから「海外のお客様に物おじせず対応していてすばらしい」とコメントを頂くようになりました。想定外の良い影響が波及していることに驚いています。

欧米のお客さまだけでなく、一番多いアジアのお客さま応対のポイントや文化の違いについても学ぶことができ、接客の幅が広がったと感じています。

海外赴任前 英語研修

日本人の講師が 日本人の視点で 分かりにくいところを丁寧に教えてくれました

海外赴任前英語研修

メーカー勤務Oさん(男性)

【前提】 英語は、話せない。TOEICは、約400点。2か月後に海外赴任になり、急きょ英語研修を受講することになった。

【目的】少しでも、長い文章を話せるようになること。 聞き取りが少しでもできるようになること。

海外で仕事をしたいと以前から考えていました。
以前、通っていたのは外国人講師のマンツーマンだったのですが、文法的にわからないこと、こんなことを言いたいけどどう言えばいい?等、色々な疑問がありました。
しかし、質問も拙い英語でするため、ニュアンスが伝わらないことが何度もあったため、疑問点を解消しないまま放置をしてしまい、結局、継続しなくなりました。

今回、2社候補があり、J-Laboさんに決めたのは、日本人の講師が日本人の視点で、分かりにくいところを丁寧に教えますよ、と言ってくれた点です。
実際、受講して、まさにその通りでした。
例えば、「L」と「R」の発音の仕方の説明も、日本人にとって非常に分かりやすい説明でした。(実際体験してみてください。)
授業は、基本的に英語のみですが、部分的に日本語で質問し、日本語で納得する説明をしてもらえたため、疑問点を積み残すことなく解消していくことができました。

何より、最も良かったのは、私の英語のレベルを見極めてそれに合わせたカリキュラムを組んでくれたこと、また、海外赴任する上でまずは覚えておいたほうが良いこと、例えば、あいさつ、自己紹介、電話対応、e-mail、プレゼンなどで必要な表現を、講師の方の経験談からフォーカスしてくれたことです。時間がない中で、凝縮してエッセンスを吸収することができて非常にためになりました。

過去に他の英会話教室に通っていた方にもお勧めです。

海外出張英語

受講以来、現地で戸惑うことが減りました

経営者Yさん(男性)

英語は数十年も前、学生時代に学んだっきりでほとんど話せないけど困ることもないだろう、と高をくくっていた私。ところが、グローバル化の波で海外に出かける機会が増えるようになり、そのたびに冷や汗をかいていました。講座ではそんな私の不安や英語レベルを汲んだ上で、最低限必要な場面を想定して、定型フレーズを学ぶことから始めて頂きました。ホテルや空港でのトラベル英会話に加え、現地の工場視察時の挨拶など、一通りの内容を指導してもらいました。受講して以来、現地で戸惑うことが減ったと実感しています。

外国人社員向け日本流ビジネスマナー

“WHY”の裏付けがあり、素朴な疑問を解消できました

金融機関Bさん(男性)

今までは自国にある支社に勤務していましたが、3か月前から東京本社に異動となりました。日本企業ならではのカルチャーに慣れているつもりでも、いざ日本に来てみると、職場でも独特の文化を感じました。話し方一つとっても、どうして日本人はヒソヒソとした声で話すんだろう?と不思議に思っていましたが、研修で「日本ではフスマ越しに話す文化があるから」とWHYの裏付けをきちんと説明してもらい、素朴な疑問を解消することができました。それまで見よう見まねで行っていた日本流の名刺交換も、個別にアドバイスを受けて自信が付きました。できることなら、来日前、海外支店に在籍していた頃に学んでおきたかったな、と思います。

TOEICスコアアップ・英検対策

弱点を突いたカリキュラムが転職に役立ちました

空港地上職Mさん(女性)

旅行代理店から転職するにあたり、TOEICスコアアップが急務になってJ-Laboのプライベートレッスンを受講しました。私の弱点を突いたカリキュラムを組んでくださいましたが、最初は毎回の宿題をこなしてついていくのがやっとという状況。でも、最初は伸び悩んだかに見えたスコアは、要領をつかんだとたんに伸び始めました。「このぶんだと、10回のレッスンで100点は上がるはず」と先生に言われた時は耳を疑いましたが、それが叶った時には大きな手ごたえを得ることができました。転職も無事うまくいった今、仕事で英語を頻繁に使うようになるので、今後もさらなるスコアアップをめざすつもりです。