TRAINING
& SERVICE
研修・サービス内容

パワー・ハラスメント研修

パワー・ハラスメント研修
  • 課題別研修
  • 階層別・新入社員研修
目的
パワーハラスメントの定義とグレーゾーンを認識し、部下にパワハラだと感じさせないコミュニケーション法と指導術を学ぶ
対象者例
管理職

~「パワハラ上司」といわせない、部下の心に響く指導術を体得~

 多くの企業でパワーハラスメント教育が徹底されるようになり、「パワハラはダメ!」という認識が浸透してきました。しかし、パワハラと指導の間のグレーゾーンが広いため、若手はパワハラを盾に不適切な自己防衛に走ったり、管理職はパワハラを恐れて指導しない等、新たな課題が生じています。

 パワハラの境目は一体どこにあるのか、そしてグレーを黒にせずして部下と積極的に関わるためにどうすればいいのか……本研修では実習を交えて、その勘ドコロをレクチャーします。

こんな方におすすめ

  • ハラスメントの基本知識を何となくは持っている
  • 知識があるからこそ、ハラスメントに対して不安がある
  • ハラスメントに対しての「ダメ」はわかるが「どうしたらいいか」がわからない
  • 旧来の指導が定着しており、つい厳しく叱責してしまう
  • 若手社員との感覚の違いに戸惑うことがある

プログラム内容(1日コース例)

・上司がパワハラをしてしまう心理
・部下がパワハラを主張する心理
・指導とパワハラの境目はどこにある?
・グレーゾーンを恐れずに部下と積極的に関わる手法
・コーチング手法を取り入れた指導ロールプレイ
・講師アドバイスを踏まえた再実習
・理解度テスト

この研修・サービスのお問合せはこちら

一覧に戻る